環境監視と安全

環境テストを実施する際、ポータブルガスクロマトグラフィ(GC/MS)HAPSITE ER化学物質検知システムは、サンプルを直接収集し、研究所の検出、解析レベルで現場のガス、液体、固体分析を提供します。広範囲にわたる揮発性有機化合物(VOC)を、素早く正確な検出、特定、定量化を提供するため、現場で適用するために設計されたHAPSITE ERは世界中の環境機関とコンサルタントによりリアルタイムの化学物質分析に使用されています。

長期の資源監視プログラム(たとえば河川復元プロジェクト、化学物質の流出)は、河川や地下水の継続的なリモートサンプリングを必要とします。同時に、クリーンルームや屋内における大気汚染計測等も、継続的な微量レベルのVOC分析とデータ編集を必要とします。CMS5000連続監視システムは、水または空気中に含まれるVOCの長期かつ無人での微量レベル監視のために設計されています。CMS5000 Modbusプロトコルインターフェースは、一般的に使用されるデータコントロールシステムに統合できるので、データはリモートサンプリングステーションから簡単にアップロード可能です。

US EPAは地球温暖化を「近年そして現在も進行中の世界的な地球表面近くの平均温度上昇。大部分は温室効果ガスの凝縮が増えたことに起因。」と説明しています。世界の排出量の21%近くが、埋め立て地と廃水からでたメタンによります。埋め立て地表面のメタン監視はいくつかの国で義務付けられており、US EPA Method 21は、主にメタンで構成される揮発性有機化合物(TVOC)の総量の判断に関するガイドラインを提供します。DataFIDは本質的に安全なポータブルフレームイオン化検出(FID)であり、安全にVOC排出を測定し、Method 21機器の要件を満たして超えます。


CMS5000監視システムの詳細


 

CMS5000監視システムの多彩なな機能をご覧ください

HAPSITE ER化学物質検知システム


複数のアクセサリで、アプリケーションの能力を拡張します。さらに詳しく. 

  • bayan escort